望月塗装

塗り替え時期の目安と見分け方

時期の目安

塗り替え時期の目安は、新築と塗り替えの場合で目安は異なります。
新築の塗装はあまり良い材料が使われていないことが多いようですので大体5~7年、通常の塗り替えの場合は、7~10年と考えられます。 また、以前に使用した塗料が新しく耐久性の高いウレタン樹脂やフッ素樹脂のものでしたら、10~14年と見ていただければと思います。

これはあくまでも目安とお考えいただき、環境や前回の施工技術、質によって劣化の進行は様々ですので下記のような状態が見受けられたら塗り替えの検討をされた方がよろしいかと思います。

劣化の見分け方

外壁のハガレ
鉄部・木部のサビ
さびやハガレ(トタン屋根)
塗り替えを考える前に、まず今の家がどのような状態かを把握する必要があります。以下を参考にしていただき、どの部分で補修・塗装が必要なのか検討してください。

外壁塗装の役割は大きく分けて2つあります。

☆ イメージを変え、きれいな見栄えにすること
☆ 外壁を腐食から守ること

外壁を塗装する、ということは、見栄えを良くすることはもちろん、実は屋根と同様に外的要因から家を守 る要素が非常に大きいのです。直射日光や雨風などで、どうしても物質は劣化していきます。外壁は柱や梁などの骨組み部材とそれを覆う仕上げ材で構成されて いますので、その損傷は、美観を損ねるだけではなく、雨が滲み込んだりして、木部を腐らせたり、断熱材を湿気させるなど、住まいの耐久性にも影響してきま す。

また、きちんとしたメンテナンスをしていれば、建物の寿命も延び、家の資産価値を高めることにもなります。長くきれいな家を維持するために は、塗装の選択が大きなウェイトを占めているのです。また、塗り替えのタイミングを間違えますと、程度によって大掛かりな修復作業が必要となり、費用も高 額になってしまう場合もあります。

それは、防水工事も同じで、家の中に雨が漏れてきてからでは遅いのです。少しでも屋根・屋上から水が浸食しているようであれば、家の中に到達していなくても、外壁内部に滞留しているのです。
そこから、木部・鉄部に限らず、劣化がはじまっているのです。
家は大切な資産です。早めに対応していただくことをお勧めいたします。

塗装の基礎知識

塗装の基礎知識を、ご紹介いたします。

塗装のことなら、望月塗装におまかせください!

商号有限会社 望月塗装
所在地〒252-1136 神奈川県綾瀬市寺尾西2-10-26
電話番号0467-76-5787
FAX番号0467-76-3927
E-MAILinfo@msjt.jp
役員代表取締役 望月幸弥 専務取締役 望月克祐 常務取締役 望月 聡
設立昭和34年4月 東京都大田区にて開業 昭和55年6月 綾瀬市に移転 平成15年6月2日 法人設立現在に至る
資本金300万円
事業内容塗装工事  防水工事  内装仕上工事
併設事業望月澄江住宅 株式会社  神奈川県綾瀬市寺尾西2-10-26
宅地建物取引業神奈川県知事(8)第14313号
一般建築工事業神奈川県知事(般)第040960号
取引金融機関横浜銀行・平塚信用金庫
従業員数5 名  (有資格者3名)
所属団体綾瀬市商工会  大和法人会
望月澄江住宅 株式会社
〒252-1136
神奈川県綾瀬市寺尾西2-10-26
TEL.0467-76-3997
FAX.0467-76-3927

────────────────
■賃貸   ■売買
■店舗   ■事務所
■工場   ■土地
■家    ■ビル
■一戸建て ■マンション
────────────────